【プレスリリース】日本政策投資銀行との素材・化学産業向け成長支援の共同取り組み開始

このたび、ユニバーサルマテリアルズインキュベーター株式会社(以下「UMI」)は株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」)と連携し、素材・化学産業の成長を支援する共同取り組みを開始致しました。これに伴い、DBJは、UMIの管理・運営するUMI2 号投資事業有限責任組合に出資することを決定致しました。

 

我が国の素材・化学産業は全産業の中でも特に主要な比率を占める重要な産業であり、多くのイノベーションが日本企業から創出され、他の産業の発展を支えてきました。しかし、昨今、グローバルスケールでの産業構造の大きな転換が起こっている中で、多くの素材・化学産業の企業が新たな事業の創出と収益構造の転換を迫られています。

 

そこで、UMIとDBJ は、両者の持つ知見やリソースを活用し、共同で素材・化学 産業の成長支援に取り組むことを合意致しました。UMI はこれまで、将来の産業の礎となるような優れた技術・事業の発掘と、それらを担う人材の育成を通して、素材・化学産業における新事業創出のプラットフォームを提供してまいりました。今回の DBJ との連携により、DBJ の投融資一体型の金融サービスを活用することで、 出資・融資含めた様々なファイナンスに対応することが可能となります。

 

これらの共同取り組みを通して、UMIとDBJ は、多彩な企業のニーズに即した金融ソリューションを提供し、様々な素材・化学産業に関連する企業、そして趣旨に賛同頂ける金融機関と連携することで、我が国の素材・化学産業の成長に貢献してまいります。

 

プレスリリースPDF

PAGE TOP
Contact